ホテルのベッドにある帯(ベッドスロー)の役割とは?何の意味があるの?

快適な宿泊体験の核心といえば、やはりベッドでしょう。

雲のように柔らかな布団や枕、新雪のごとく白く整えられたシーツとカバー、これらは長旅の疲労を癒すのに欠かせなません。

しかし、このホテルの安らぎの象徴に、ある興味深い付属品が加えられていることをご存知でしょうか。

ベッドの足元に配された帯状の布、これは単なる装飾ではありません。

実は、明確な目的と正式な呼称を持つアイテムなのです。

この帯は「ベッドスロー」や「ベッドライナー」「フットスロー」などと呼ばれています

特に後者の名称が示すように、その主な機能は足元の保護にあります。

欧米では室内でも靴を履いたまま過ごす習慣があり、ベッドに足を乗せる際の汚れ防止として考案されました。

また、旅行かばんの一時的な置き場としても重宝します。

日本では靴を脱ぐ文化が根付いているため、この帯の本来の用途はあまり見られません。

そのため、多くの場合はホテルのインテリアの一部として客室に彩りを添えています(転じてベッドメイキングが完了しているサインにもなっています)。

とはいえ、その使い方に決まりはありません。

お客様の創意工夫次第で、様々な活用方法が生まれるかもしれません。

ホテル滞在中は、その存在にぜひ注目してみてはいかがでしょうか。

ハルカ

ちなみに、Amazonなどでもベッドスローは販売されています!
自宅用のインテリアに購入するのもおすすめです。
コスパ良く寝室をおしゃれに見せることができ、ホテル気分を味わえます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「旅行に役立つ情報を日々配信する情報メディア」をコンセプトに、幅広いジャンルの記事を公開しています!運営企業は株式会社FUWUです。

コメントを残す

コメントする

目次