ホテルに連泊中に「洗濯」はどうすればいい?分かりやすく解説!

旅行中や出張中、ホテルに長期滞在する場合、洗濯は欠かせません。

毎日着る服を清潔に保つことは、快適な旅行生活を送るために重要になります。

汗をかいたり、観光地や出張先で歩き回ったりすると、服は汚れや臭いが付着しがちです。

このような状態の服を着続けることは、肌のトラブルを引き起こしたり、周囲の人に不快感を与えたりする可能性があります。

また、スーツケースのスペースには限りがあるため、少ない衣類で効率的に過ごすためにも、定期的な洗濯が必要不可欠なのです。

ハルカ

そこで今回は、ホテルの洗濯問題について詳しく解説していきます!

目次

ホテルで洗濯する方法は大きく3つある

ホテルには、宿泊客の洗濯ニーズに応えるためのさまざまな選択肢が用意されています。

代表的なのは、ホテルのランドリーサービスです。

ホテルのスタッフが代わりに洗濯を行い、きれいに仕上げてくれるサービスで、忙しい宿泊客にとって便利な選択肢と言えます。

また、ホテル内や周辺にコインランドリーが設置されていることもあります。

自分で洗濯物を洗うことができ、比較的リーズナブルに利用可能です。

さらに、一部の高級ホテルやサービスアパートメントでは、客室内に洗濯機が完備されているケースもあります。

プライバシーが保たれ、好きな時に洗濯ができるのが大きなメリットです。

このように、ホテルには宿泊客のニーズに合わせたさまざまな洗濯のオプションがあります。

ハルカ

自分に合ったサービスを選びましょう!
ここからは、それぞれの方法の料金や利用方法について解説していきます!

ホテルのランドリーサービス

ランドリーサービスの特徴

ホテルのランドリーサービスは、宿泊客が自分の洗濯物をホテルのスタッフに預け、洗濯・乾燥・仕上げまでを代行してもらうサービスです。

多くのホテルでは、客室に用意されたランドリーバッグに洗濯物を入れ、フロントや客室内の指定された場所に提出するだけで利用できます。

ランドリーサービスを利用すれば、滞在中の貴重な時間を洗濯に費やすことなく、観光やビジネスに集中することができます。

また、洗濯に精通した専門スタッフが丁寧に仕上げを行うため、自分で洗濯するよりも質の高い仕上がりを期待できるでしょう。

料金と所要時間

ランドリーサービスの料金は、ホテルのランクや地域によって異なります。

一般的に、高級ホテルほど料金は高く設定されている傾向です。

料金体系は、アイテム単位(シャツ、パンツなど)の場合と、重量単位(1kg当たりの料金)の場合があります。

所要時間も、ホテルによって差があります。

通常は24時間以内に仕上がりますが、即日仕上げを希望する場合は、特急料金が発生するのが一般的です。

利用方法

ランドリーサービスの利用方法は非常にシンプルです。

まず、客室内のランドリーバッグに洗濯物を入れます。

その際、ボタンやファスナーを閉め、破損しやすいものは別の袋に入れるなどの注意が必要です。

次に、ランドリーバッグに記入用紙(宿泊者名、部屋番号、希望する仕上げ日時などを記入)を添えて、フロントや客室内のクローゼットなど指定された場所に提出します。

その後は、ホテルのスタッフが洗濯物を回収し、洗濯・乾燥・仕上げを行ってくれます。

仕上がり次第、客室に届けられるか、フロントでの受け取る流れです。

料金は、チェックアウト時の宿泊料金と一緒に精算するのが一般的です。

メリットとデメリット

ランドリーサービスの最大のメリットは、利用者が洗濯の手間から解放されることです。

限られた時間を有効に活用でき、快適な旅行・出張を実現できます。

また、ホテルの専門スタッフによる質の高い洗濯・仕上げにより、自宅と同じような清潔な衣類を維持できるでしょう。

一方、デメリットとしては、料金が比較的高いことが挙げられます。

とくに長期滞在の場合、ランドリーサービスを頻繁に利用すると、費用が積み重なって高額になる可能性があります。

また、即日仕上げを希望する場合は、通常よりも高い特急料金が発生することが多いです。

ランドリーサービスは、時間とコストのバランスを考慮して、賢く利用することが大切です。

ホテル内のコインランドリー

コインランドリーの特徴

多くのホテルには、宿泊客が自分で洗濯できるコインランドリーが設置されています。

コインランドリーは、洗濯機と乾燥機が備えられた共用スペースで、100円玉など硬貨を使って利用します。

ホテルのランドリーサービスと比べると、コインランドリーは料金が安く抑えられるのが大きな特徴です。

また、自分のペースで洗濯できるため、時間に融通が利きます。

設備と利用方法

コインランドリーには、複数の洗濯機と乾燥機が設置されています。

利用方法は、まず洗濯物を洗濯機に入れ、硬貨を投入口に入れるだけです。

ホテルによっては、洗剤の自動投入機能付きの洗濯機や、洗剤の販売機が設置されている場合もあります。

洗濯が終了したら、洗濯物を取り出し、乾燥機に移しましょう。

乾燥機も同様に、硬貨やトークンを投入して起動して、仕上がったら洗濯物を取り出して終了です。

料金と所要時間

コインランドリーの料金は、ホテルのランドリーサービスと比べると格安です。

一回の洗濯および乾燥にかかる料金は、500円程度が一般的な相場です。

所要時間は、洗濯物の量や選択するコースによって変わります。

洗濯機は通常30分から1時間程度、乾燥機は30分から1時間半程度が目安です。

ほかの宿泊客も利用するため、終わったタイミングですぐに洗濯物は回収しましょう。

メリットとデメリット

コインランドリーの最大のメリットは、安い料金で自分のペースで洗濯できることです。

ホテルのランドリーサービスよりも費用を抑えられるため、長期滞在や予算重視の旅行者に適しています。

そして、好きな時間に利用できるので、自分のスケジュールに合わせて柔軟に対応できます。

デメリットとしては、自分で洗濯作業を行う必要がある点です。

滞在の貴重な時間を洗濯に割かなければならず、ホテルのランドリーサービスのような手間いらずとは言えません。

また、ほかの宿泊客と設備を共有するため、利用したい時間帯に空いている洗濯機や乾燥機がない可能性もあります。

ハルカ

ホテル内にコインランドリーがない場合、ホテル周辺のコインランドリーを利用すると良いです!
多くの都市では、ホテル周辺にコインランドリーが点在しています。
コインランドリーの情報は、ホテルのフロントスタッフに尋ねるのが最も確実ですよ!

客室内の洗濯設備

客室内洗濯設備の特徴

一部のホテル、とくに高級ホテルやサービスアパートメントでは、客室内に洗濯設備が完備されていることがあります。

設備の種類は、洗濯機のみ、洗濯機と乾燥機の一体型、洗濯機と別置きの乾燥機などさまざまです。

客室内に洗濯設備があれば、プライバシーが保たれ、自分の都合に合わせていつでも洗濯ができます。

とくに長期滞在や家族連れの旅行者にとって、大変便利な設備と言えるでしょう。

また、ランドリーサービスやコインランドリーに比べて、料金面でもメリットがあります。

利用方法と注意点

客室内の洗濯設備の利用方法は、一般家庭の洗濯機とほぼ同じです。

洗濯物を洗濯機に入れ、洗剤を投入口に入れます。

ホテルによっては、客室内に洗剤が用意されている場合もあります。

ただし、客室内の洗濯設備を利用する際は、いくつかの注意点に留意しましょう。

大量の洗濯物を一度に洗濯すると、洗濯機の故障や水漏れの原因になるため、適量を守ることが大切です。

また、洗剤を使い過ぎると、洗濯物に洗剤が残ったりすすぎが不十分になったりする可能性があります。

メリットとデメリット

客室内の洗濯設備の最大のメリットは、プライバシーと利便性です。

ほかの宿泊客と設備を共有する必要がなく、自分の都合に合わせて洗濯できます。

また、ランドリーサービスやコインランドリーに比べて、料金を抑えられるのも大きなメリットです。

一方、デメリットとしては、客室内のスペースを洗濯設備が占めてしまうことが挙げられます。

とくに、洗濯機と乾燥機が別置きの場合は、かなりのスペースが必要です。

洗濯機の騒音や振動が、静かな客室内で気になる場合もあるでしょう。

このように客室内の洗濯設備は、長期滞在や家族連れの旅行者には便利ですが、短期滞在の場合はスペースや騒音の問題からデメリットになる場合があります。

ホテル滞在中に上手く洗濯するコツ

洗濯物の仕分けを徹底する

旅行中の洗濯をスムーズに行うためには、洗濯物の仕分けが重要です。

洗濯物は、色や素材、汚れの程度に応じて分類しましょう。

白い衣類、淡色の衣類、濃色の衣類に分ければ、色移りを防げます。

また、デリケートな素材(シルクやウールなど)は、ほかの衣類と分けて洗濯し、手洗いや専用の洗剤を使用するのが理想的です。

ひどく汚れた衣類については、ほかの衣類から分けて洗濯することをおすすめします。

汚れがほかの衣類に移ってしまうのを防げるでしょう。

洗剤や柔軟剤の選び方

ホテルの洗濯設備やコインランドリーを利用する際は、洗剤や柔軟剤の選び方にも注意が必要です。

液体洗剤や柔軟剤は、旅行中に持ち運ぶのが大変な場合があります。

そこで、粉末洗剤や洗剤シートが小分けにして持ち運べるのでおすすめです。

柔軟剤も、シートタイプのものが旅行に適しています。

柔軟剤シートは、洗濯物を乾燥機に入れる際に一緒に入れるだけで、柔軟効果が得られます。

ちなみに洗剤や柔軟剤を選ぶ際は、自分の肌に合うものを選ぶことが大切です。

アレルギーや敏感肌の方は、刺激の少ない製品を選びましょう。

旅行用圧縮袋の活用

スーツケースの中の限られた荷物スペースを有効活用するためには、旅行用圧縮袋の使用がおすすめです。

圧縮袋は、衣類から空気を抜くことで、かさばりを抑えられます

圧縮袋には、手で空気を抜くタイプと、掃除機で空気を抜くタイプがあります。

手で空気を抜くタイプは、旅行先でも使用できるため便利です。

圧縮袋に衣類を入れ、空気を抜いてファスナーを閉めるだけで、衣類をコンパクトに収納できます。

また、汚れ物と清潔な衣類を分けて収納することで、衛生的に管理が可能です。

ハルカ

旅行用圧縮袋は、100円ショップなどでも手軽に購入できるので、ぜひ活用してみてください!

洗濯表示の確認

ホテルでの洗濯に限った話ではありませんが、衣類を洗濯する前に洗濯表示を確認することが大切です。

洗濯表示は、衣類の最適な洗濯方法や乾燥方法を示しています

洗濯表示の例

洗濯表示の見方を理解することで、衣類を傷めずに洗濯できます

例えば、「弱く手洗い」の表示がある衣類は、洗濯機での洗濯は避けた方が良いでしょう。

このように洗濯表示を順守することで、衣類を長く大切に着ることができます。

旅行中は、洗濯表示を確認して、適切な洗濯方法を選びましょう。

※洗濯表示の記号について学びたい方は、政府広報オンラインの記事が分かりやすくておすすめです。
また、消費者庁のリーフレットも一覧表になっていて参考になります!
ぜひ活用してみてくださいね!

【FAQ】ホテルの洗濯についてよく寄せられる質問

ハルカ

最後に!ホテルの洗濯についてよく寄せられる質問に回答していきます!

ホテルのランドリーサービスを利用するには、どのような手順が必要ですか?

通常、客室内にランドリーバッグと料金表が用意されています。

洗濯物をランドリーバッグに入れ、フロントまたは指定の場所に提出する流れです。

料金は、チェックアウト時に支払います。

ホテルのランドリーサービスは、いつ頃仕上がりますか?

ホテルによって異なりますが、通常は24時間以内に仕上がります。

特急サービスを利用すると、当日または数時間以内に仕上がる場合も多いです。

ただし、特急料金が発生することがあります。

ホテル内のコインランドリーを利用する際、洗剤はどこで入手できますか?

ホテルによって異なります。

洗剤の自動投入機能付きの洗濯機や、洗剤の販売機が設置されている場合が多いです。

フロントで洗剤を購入できるホテルもあります。

事前にフロントで確認すると良いでしょう。

旅行中の洗濯で、色移りを防ぐにはどうすれば良いですか?

洗濯物を色や素材で仕分けすることが大切です。

白い衣類、淡色の衣類、濃色の衣類に分けて洗濯します。

また、色移りが心配な衣類は、単独で洗濯するか、色移り防止シートを使用するのが効果的です。

旅行用圧縮袋は、どのように使用しますか?

圧縮袋に衣類を入れ、空気を抜いてファスナーを閉めます。

手で空気を抜くタイプの圧縮袋は、旅行先でも手軽に使用可能です。

掃除機で空気を抜くタイプの圧縮袋は、出発前に使用するのが良いでしょう。

圧縮袋を使用することで、スーツケースの中をコンパクトに整理できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「旅行に役立つ情報を日々配信する情報メディア」をコンセプトに、幅広いジャンルの記事を公開しています!運営企業は株式会社FUWUです。

コメントを残す

コメントする

目次