ホテルで忘れ物をしてしまったらどうすればいいの?対処法を解説!

今回の記事では、ホテルで忘れ物をしてしまったときの対処法、ホテルで忘れ物を防ぐための対策について解説していきます!

ホテルで忘れ物をした方、忘れ物を予防したい方は必見です!

ハルカ

ホテルに忘れ物をしたときの対処法だけ知りたい方は、下のリンクをクリックしてください!該当箇所にスキップします!
→ホテルに忘れ物をしたときの対処法を見る

目次

ホテルでの忘れ物を防ぐための対策

ホテルや旅館での忘れ物は、旅行や出張で最も避けたい出来事の一つです。

ハルカ

まずは、ホテルでの忘れ物を防ぐための対策から紹介していきます!

荷造りの際にチェックリストを活用する

ホテルでの忘れ物を防ぐためには、荷造りの段階から十分な準備が欠かせません。

旅行に必要なモノをリストアップし、実際に荷物に詰める際にはそのチェックリストを活用することで、行きでも帰りでも忘れ物のリスクを大幅に減らせるでしょう。

ちなみにチェックリストを作成する際は、衣類、電子機器、書類などのカテゴリーごとに分類すると効率的です。

また、旅行の目的や滞在期間に応じて、必要なモノの量を調整することも大切になります。

必要以上に旅行や出張にモノを持って行くと、忘れ物をしてしまうリスクが上がります。

貴重品は常に身に付ける習慣をつける

ホテルに滞在中は、貴重品の管理に特別の注意が必要です。

現金、クレジットカード、パスポートなどは、できるだけ部屋に置いたままにせず、常に身に付けるようにしましょう。

外出時はもちろん、ホテル内の移動の際にも、貴重品を手放さない習慣をつけることが大切です。

貴重品を身に付ける方法としては、ポシェットやウエストポーチを活用するのもおすすめです。

体に密着させることで、紛失や置き忘れのリスクを減らすことができます。

また、ホテルの客室には、金庫(セーフティボックス)が備え付けられていることが多いので、必要に応じて利用するのも良いでしょう。

貴重品の管理を徹底することで、ホテルでの忘れ物や紛失のリスクを最小限に抑えられるはずです。

部屋の中を出発前に入念に確認する

ホテルを出発する際は、部屋の中を入念に確認することが忘れ物防止の大原則です。

チェックアウトの慌ただしさに紛れて、モノを置き忘れてしまうことがないよう、十分な時間を確保しておきましょう。

まず、ベッドの上やシーツの下、枕元などを丁寧にチェックします。

パジャマや下着、ハンカチなどの小物が隠れていないか、注意深く確認が必須です。

次に、テレビ台や書斎デスクの上、引き出しの中などを調べます。

充電器や電源コード、文房具などを置いたままになっていないか、見落としがないように気を付けましょう。

さらに、バスルームやクローゼットも確認が必要です。

歯ブラシや化粧品、バスタオルなどのアメニティグッズが残っていないか、隅々までチェックしてください。

スーツケースから出した衣類が、ハンガーにかけたままになっていないかも要注意です。

ハルカ

部屋を出る前の入念な確認は、ホテルでの忘れ物を防ぐための最後の砦です。
慎重かつ丁寧に行うことが大切ですよ!

ホテルでよく忘れられるモノのTOP5

次にホテルでよく忘れられるモノのTOP5を紹介します。

ここに出てくるものは忘れ物の定番なので、とくに出発前の確認が必要です。

1. 充電器や電源コード

ホテルの客室では、スマートフォンやノートパソコン、カメラなどの電子機器を充電することが多いため、充電器や電源コードの置き忘れが非常に多くあります。

複数の機器を同時に充電していると、コンセントから抜き忘れてしまうことがあるのです。

とくに、ベッドサイドのコンセントや机の下のコンセントは、充電器が死角に隠れてしまいがちなので注意が必要です。

出発前には、使用したコンセントを漏らさずチェックし、すべての充電器や電源コードを抜いたことを確認しましょう。

また、できるだけ充電は一箇所で行い、コードをまとめて管理するのも効果的です。

2. 歯ブラシや化粧品などのトイレタリー

ホテル滞在中は、歯ブラシや化粧品などのトイレタリーをバスルームに置きっぱなしにしてしまいがちです。

朝の身支度で使用した後、そのまま忘れて部屋を出てしまうことが多くなっています。

とくに、歯ブラシは小さくて見落としやすいモノの一つです。

コップの中に立てて置いたまま忘れることもあれば、洗面台の隅に置きっぱなしのこともあります。

また、シャンプーやボディソープ、化粧水など、ホテルのアメニティを使用した場合も、持ち帰り忘れに注意が必要です。

出発前には、洗面台や浴槽、シャワーブースの中までしっかりとチェックし、トイレタリーの忘れ物がないか確認しましょう。

また、できるだけ自分の化粧ポーチにまとめて管理し、手荷物に入れておくのも良い方法です。

3. パジャマや下着などの衣類

ホテルの客室では、パジャマや下着などの衣類を脱ぎ散らかしてしまいがちです。

ベッドの上に置いたまま忘れたり、バスルームに脱ぎ捨てたまま出発してしまったりすることが多いのです。

とくに、枕の下や布団の中に衣類が紛れ込んでいることがあるので、十分に注意しましょう。

また、パジャマを脱いだ後、ハンガーにかけたまま忘れてしまうこともあります。

下着類は、小さくてかさばらないため、置いた場所を忘れやすいモノでもあります。

出発前には、ベッドまわりや椅子、クローゼットの中を入念にチェックし、衣類の忘れ物がないか確認必須です。

ちなみに、着用済みの衣類はすぐにスーツケースにしまう習慣をつけることで、忘れ物のリスクを減らせます

4. 本や雑誌などの読み物

旅行中は、機内や移動中の時間つぶしに、本や雑誌を持参することが多いでしょう。

ホテルの客室でもベッドの上や机の上に読み物を広げっぱなしにしてしまいがちです。

そのまま忘れて出発してしまうことが、よくあるのです。

とくに、薄い文庫本や週刊誌など、ほかのモノの下に紛れ込んでしまいやすい読み物は要注意です。

また、旅行ガイドブックやマップなど、旅先で購入した書籍も忘れやすいモノの一つとなります。

出発前には、ベッドサイドやソファ、テーブルの上を確認し、読み物の忘れ物がないかチェックしましょう。

ハルカ

できるだけ読み終わった本は、その都度スーツケースにしまっておくことをおすすめします!

5. イヤホンやUSBメモリなどの小物

ホテル滞在中は、イヤホンやUSBメモリなど、小さなガジェット類を持ち歩くことが多いでしょう。

これらを部屋の中で使用した後、そのまま忘れて出発してしまうことが少なくありません。

とくに、イヤホンは非常に忘れやすいモノの一つです。

テレビなどを見ながら使用した後、ベッドの上に置きっぱなしにしてしまうことがよくあります。

出発前には、部屋中の電子機器まわりを入念にチェックし、イヤホンやUSBメモリの忘れ物がないか確認しましょう。

イヤホンなどの小物は、使用後にすぐケースやポーチにしまう習慣をつけることで、忘れるリスクを減らせます。

ホテルで忘れ物をしてしまった際の対処法

ここからはホテルで忘れ物をしてしまったとき、どのように対処すればいいか解説していきます。

できるだけ早くホテルに連絡する

ホテルで忘れ物をしてしまったことに気づいたら、できるだけ早くホテルに連絡を取ることが大切です。

忘れ物に気づくのが遅れるほど、忘れ物が見つからない可能性が高くなります。

ホテルのスタッフによっては、忘れ物を発見した際に自主的に保管してくれる場合もありますが、そのまま処分されてしまうこともあるのです。

ホテルへの連絡は、電話が最も確実です。

メールやチャットでの問い合わせも可能ですが、返信が遅れる場合があるため、できるだけ直接話ができる電話が望ましいでしょう。

ハルカ

海外でのホテル滞在の場合は、言語の壁が不安かもしれません。
そんな時は、オンライン翻訳ツールを活用したり、簡単な英語で伝えたりするのも一つの方法です。

忘れ物の詳細と連絡先を伝える

ホテルに忘れ物の連絡を取る際は、忘れたモノの詳細と、自分の連絡先を正確に伝えることが重要です。

忘れ物の特徴を具体的に説明することで、ホテル側がスムーズに探してくれる可能性が高まります。

忘れ物の詳細を伝える際は、品名だけでなく、色や大きさ、ブランド名なども併せて説明しましょう。

また、忘れた場所や日時についても、できるだけ詳しく伝えることが大切です。

「○月○日に宿泊した○○号室のベッドサイドで充電していた□□のスマートフォン充電器」のように、具体的に説明できるとベストです。

また、自分の連絡先は、電話番号とメールアドレスの両方を伝えておくことをおすすめします。

海外のホテルだと、国際電話が繋がりにくい場合もあるため、メールでのやり取りができると安心です。

忘れ物の返送や保管について確認する

ホテル側から忘れ物が見つかったと連絡があった場合は、返送や保管について確認することが大切です。

多くのホテルでは、返送に応じてくれます。

ただし、返送費用の負担や保管期間については、ホテルによって異なるため、必ず確認が必要です。

返送を依頼する場合は、送付先の住所や宛名、電話番号などを正確に伝えましょう。

費用については、ホテル側が立て替えて送ってくれる場合もあれば、着払いでの発送を求められる場合もあります。

忘れ物の返送を依頼する際の注意点

返送料金の負担について確認する

ホテルに忘れ物の返送を依頼する際は、料金の負担について事前に確認しておくことが大切です。

多くの場合、返送費用は宿泊客側の負担となりますが、ホテルによっては一部または全額を負担してくれることもあります。

返送料金の負担については、ホテル側の方針によって異なります。

モノの大きさや重量、送付先の地域によっても料金が変動することも多いです。

海外からの返送の場合は、国際送金や決済サービスの利用が必要になることもあるため、手数料についても確認しておきましょう。

返送方法と到着予定日を確かめる

ホテルから忘れ物を返送してもらう際は、返送方法と到着予定日についても確認しておくことが重要です。

忘れ物の種類や価値、送付先の地域などによって、最適な返送方法が異なる場合があります。

また、到着までにかかる日数を把握しておくことで、受取りの準備がスムーズに行えるはずです。

返送方法については、宅急便やゆうパック、書留郵便など、様々な選択肢があります。

貴重品の場合は、追跡機能付きの発送方法をお願いするのがおすすめです。

また、壊れやすいモノは、梱包材で保護してもらうよう依頼しましょう。

ハルカ

ちなみに国際郵送の場合は、税関手続きが必要になることもあるため、必要書類について確認が必要です!

海外の場合は、関税や輸入規制に注意する

海外のホテルに忘れ物をした場合、返送を依頼する際は関税や輸入規制についても注意が必要です。

国によっては、一定の金額以上の物品に関税が課されたり、特定のモノの輸出入が禁止されていたりするため、トラブルに巻き込まれるリスクがあります。

返送を依頼する前に、送付先の国の税関のウェブサイトなどで、関税の基準を確認しておくことが賢明です(ちなみに日本の輸出入禁止・規制品目は、こちらのページで確認できます)。

輸出入の規制については、国によって大きく異なります。

例えば、食品や植物、動物由来の製品などが禁止されているモノがある場合があります。

また、医薬品や化粧品など、成分によっては規制の対象になることもあるため、注意が必要です。

ハルカ

返送を依頼する前に、忘れ物が輸出入の規制に該当しないか、必ず確認しておきましょう。

忘れ物を取りに行く場合の対応

ここからは、ホテルや旅館に直接忘れ物を取りに行くときの対応について解説していきます!

ホテルの保管期間と受取り可能時間を確認する

ホテルに忘れ物をしてしまった場合、直接取りに行くことができる場合があります。

その際は、まずホテル側の保管期間と受取り可能な時間帯を確認することが大切です。

多くのホテルでは、一定期間は無料で忘れ物を保管してくれますが、期限を過ぎると処分されてしまうこともあるため、注意が必要です。

保管期間は、ホテルによって異なります。

一般的には、1週間から1ヶ月程度が多いようですが、中には数日しか保管してくれないホテルもあります。

また、貴重品の場合は、より短い期間に設定されていることもあるため、早めの確認が必要不可欠です。

受取り可能な時間帯については、ホテルのフロントの営業時間に準ずることが一般的です。

深夜や早朝は受取りができない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

忘れ物引取りの際は本人確認が必要になる場合がある

ホテルに忘れ物を取りに行く際は、本人確認が必要になる場合があります。

これは、忘れ物を第三者に渡してしまうトラブルを防ぐための措置です。

とくに、貴重品や高価なモノの場合は、厳重な本人確認が求められることが多いため、注意が必要です。

本人確認の方法は、ホテルによって異なります。

一般的には、宿泊時に使用した身分証明書の提示を求められることが多いです。

パスポートや運転免許証、保険証などの公的な証明書が該当します。

また、宿泊者名や予約番号、部屋番号などの情報を求められることもあるため、事前に控えておくと良いでしょう。

ちなみに宿泊者本人以外が忘れ物を引き取りに行く場合は、委任状が必要になることがあります。

委任状には、宿泊者本人の署名や、引取人の情報を記載する義務があります。

ホテル側の指定のフォーマットがある場合も多いため、事前に確認しておくことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「旅行に役立つ情報を日々配信する情報メディア」をコンセプトに、幅広いジャンルの記事を公開しています!運営企業は株式会社FUWUです。

コメントを残す

コメントする

目次